ヴァイナス美容液の効果や口コミは本当?使い方や最安値など徹底チェック!

2017年に発売してまだ間もないのにじわじわと口コミが広がり、「オールインワン美容液」効果満足度第1位を獲得(※楽天リーチによる調査)した、巷で話題のヴァイナス美容液を、実際に自らの肌で試してみました。

ヴァイナス美容液の魅力や効果などについて、実感できたことをお伝えいたします。今まさに購入を検討中の方や気になっている方の参考になれば幸いです。

ヴァイナス美容液の使い方

公式サイトでも「オールインワン美容液」として紹介されていますが、一般的にオールインワンと言えば、

「これ1本で〇役をこなす」
「これ1本でケアが完了」

など、時短ケアアイテムとしてのイメージが強いですね。

確かにヴァイナス美容液に関しても「これ1本で保湿ケアは十分だった」という口コミは見られますが、その様な口コミはほんのごく一部。
大半は「これだけでは保湿が物足りない」という口コミが正直多いです。

ヴァイナス美容液の通常の使い方は、2~3滴を手のひらに取り出し、顔を包み込むように優しく馴染ませながら広げる。
というのが、ヴァイナス美容液が入っていた化粧箱に使用方法として記載されています。

が、使用方法の記載には続きがあり、
「いつものスキンケアにもう1ステップの追加で素晴らしい肌ケアをご実感ください。」とありました。

要は、洗顔後、化粧水の前にヴァイナス美容液を使用し、その後はいつもの様に化粧水、美容液(もしくは乳液)、保湿クリームなどの通常スキンケアを行う。
というのが正しい使い方となります。

いつものケアに1ステップ追加してというこの方法は、公式サイト内でも開発者の方が推奨しています。

よって、「オールインワン美容液」と表記されていることでつい「これ1本でケアできちゃうんだ」と思いがちですが、通常の保湿ケアの前に使用するアイテムなので、ブースター的な位置付けとなる「導入美容液」であると考えた方が正しいです。

ヴァイナス美容液を実際に使ってみた感想


オールインワンとして
まずは、ごく一部の口コミでも見られた「これ1本で保湿は十分だった」という、まさに「オールインワン」として使用してみました。
夜の洗顔後、水分を拭き取ったらすぐにヴァイナス美容液を顔に馴染ませます。
使用方法としては2~3滴と記載がありましたので3滴を手のひらに出して顔全体に馴染ませました。

しかし、私には3滴だと足りず、6滴程の量で顔全体に馴染ませることができました。
その後の保湿ケアはなにもせずに就寝し翌朝。極度な乾燥は感じられませんでしたが、お肌的にも今一つ物足りないといった状態。

ブースターとして
次に正しい使用方法として、いつものスキンケアに追加する「ブースター」として使用してみました。
同じく夜の洗顔後、水分を拭き取ってすぐにヴァイナス美容液を6滴程顔全体に馴染ませます。
その後の保湿ケア成分がしっかり浸透できるように、ヴァイナス美容液を手の体温で優しくハンドプレス。
しっかり馴染んだところで、化粧水、美容液、保湿クリームと、いつもの保湿ケアを行いました。

私が使用しているのは、化粧水、美容液、保湿クリーム共に水溶性の同一ブランドの基礎化粧品です。
ヴァイナス美容液をブースターとして使用したことで、翌朝、いつもよりも柔らかさとお肌の潤いが持続していて調子がいいように感じられました。
継続することで、お肌に変化が生まれる予感がします。

テクスチャ


ヴァイナス美容液は、スポイト式の容器に入っています。スポイトから手のひらに数滴垂らすと、若干とろみのあるテクスチャーの美容液が出てきます。
美容液自体は、1滴でも結構伸びがいいです。
しかし、どれだけ伸びがいいとは言え、1滴では顔全体に十分馴染ませるには足りません。

お肌の上でスルスルと伸びてくれますが、顔の面積を考えてもやはり3滴程では量的に足らず、私の場合は6滴は出さないと満足に馴染ませることができませんでした。

口コミの中には「ニオイが臭い」という内容も一部で見られましたが、私個人としてはどんなに嗅いでみても「無臭」にしか感じられません。

その為、ヴァイナス美容液を使用する上で、ニオイによるストレスは一切ありませんでした。

嗅覚がとても鋭い方だと、若干の基剤臭を「臭い」と感じ取ってしまう場合があるかもしれませんが、そのような方は本当にごく一部であり、ほとんどの方が「無臭」と感じると思います。
実際に、ヴァイナス美容液の全成分を見ても香料は含まれていません。

保湿力

敢えてオールインワンとしてヴァイナス美容液を単体で使用してみましたが、その後の保湿ケアをしなくても翌朝のお肌が乾燥していなかった点を踏まえると、保湿力はそこそこあると思います。

しかし、元々がオールインワン化粧品ではないので、単体での使用では物足りなさがあります。

お肌のタイプにもより感じられ方はそれぞれだと思いますが、特に乾燥肌タイプの方だと、ヴァイナス美容液だけでは確実に保湿が足りません。
ブースターとしての役割を果たす美容液なので、ヴァイナス美容液を使用した後はしっかりと保湿ケアを行うことで保湿力も格段に変わってきます。

保湿をヴァイナス美容液だけに頼らず、ヴァイナス美容液を取り入れた丁寧なお手入れをする必要があります。

ヴァイナス美容液の注目成分

ヴァイナス美容液の大注目するポイントは、「ヒト幹細胞培養液エキス」「バージンプラセンタエキス」のWパワーによって美肌を目指すエイジングケアアイテムだということ。

一般的な美容液は、お肌に潤いを補給することでハリツヤのあるお肌に導くものが多いですが、ヴァイナス美容液は、お肌の細胞内で起きているさまざまなトラブルに対してセンサーのように働きかけることでトラブルを元から解決してくれます。

これには皮膚科医、大学教授、コスメジャーナリスト、専門の製造業者というプロ集団が集結し、開発者との共同開発によって作られているため、医学的、化学的要素も含まれた上で厳選された美容成分であるのだと考えられます。

ヒト幹細胞培養液エキスによって肌細胞の再生をサポートし、アンチエイジングケアが期待できるバージンプラセンタエキスとの相乗効果にとって、ハリと潤い溢れる素肌へ整えていけるのです。

ヒト幹細胞培養液エキスとは

医療業界でも活用されているヒト幹細胞培養液は、お肌の幹細胞が培養する時に分泌される「培養液」から作られており、肌細胞の活性化による細胞組織の再生サポート。

そして、シワやたるみ、毛穴の開きなどの加齢によって引き起こる現象を改善し、肌老化につながる活性酸素の除去作用を持つ、まさにアンチエイジング効果が期待できる美容業界でも注目の成分なのです。

さまざまな細胞を増殖させ、移植することで機能を回復させる治療法で、世界中の研究者や企業がその実現に向けて研究開発を続けています。

引用元:ヒト多能性幹細胞(ES/iPS細胞)の革新的な培養液(培地)と自動培養装置を開発(京都大学・日産化学工業株式会社・ニプロ株式会社)

私たちの体は「ヒト成長ホルモン」の分泌によって肌細胞をはじめ、骨や筋肉が成長します。
もちろん、皮膚も同様ですが、このヒト成長ホルモンは30代以降より分泌量は減少傾向に。

ヒト成長ホルモンの分泌が低下することで、シワ、たるみ、毛穴の開きなどの老化現象が起こり、また改善もしにくくなってしまうのです。

ヒト成長ホルモンが活性化すると、これらの老化現象も改善の兆しが見えてくるのですが、そのために必要なのは「成長因子」がカギと言われています。

ヒト幹細胞培養液には、EGF(上皮細胞増殖因子)やFGF(線維芽細胞増殖因子)などの成長因子が数種類含まれていることが研究により明らかとされています。

ヒト幹細胞培養液を注目成分として配合しているヴァイナス美容液を日々のスキンケアに取り入れ使い続けることで、お肌表面に現れている老化現象をただ改善するのではなく、お肌内部の肌細胞に直接アプローチすることで根本から改善できるよう設計されています。

バージンプラセンタエキスとは

プラセンタとは「胎盤」のこと。プラセンタにはアミノ酸、ミネラル、ビタミン、タンパク質など、私たちの体に必要不可欠なさまざまな栄養素が含まれており、これらには保湿効果、美白効果、新陳代謝活性化、血液促進効果、ターンオーバー安定化などの美容効果があります。

化粧品分野のプラセンタエキスはメラニン形成阻害、細胞賦活、保湿および角質溶解などの作用が知られている。

引用元:プラセンタエキス中の活性成分の検討(山科研究所)

もちろんプラセンタにも成長因子は含まれており、ヒト幹細胞培養液同様、EGF(上皮細胞増殖因子)やFGF(線維芽細胞増殖因子)の他、重要な栄養素として活性ペプチドも含まれています。

活性ペプチドには、肌内にたまった老化の元でもある活性酸素を除去する作用があるため、アンチエイジングケア成分としても注目されています。

ヴァイナス美容液に配合されているプラセンタは、数種類のオーガニックハーブを食べ、大自然の中でストレスなく育ったサラブレッドから抽出した「馬プラセンタ」であり、特に馬プラセンタにはアミノ酸が多く含まれています。

馬プラセンタはそもそもが出産回数も多くはないので、それだけ希少価値も高く、化粧品に配合されていると言っても、実際にはごくわずかな量しか配合されていないというケースがよくあります。

その点、ヴァイナス美容液の全成分を確認してみると、一番はじめの水の次に「プラセンタエキス」が記載されているので、ヴァイナス美容液へのプラセンタエキス配合量もそれなりに高濃度だということが全成分から読み取れます。

ヴァイナス美容液で期待できる効果


ヒト幹細胞培養液エキスとバージンプラセンタエキスの相乗効果によって、乾燥ケア、ハリ維持、シミケア、シワ予防、毛穴ケアに働きかけることで、若々しい素肌へと整えていきます。
しかし、これはあくまでも美容液という化粧品に過ぎません。

即効性には期待が持てないのが正直なところ。お肌の老化現象も時間をかけて現れてくることと同じく、美肌を目指すには時間をかけてお手入れをしていく必要があります。

特に老化現象は残念ながら止めることは不可能です。
しかし、基礎化粧品でお肌のケアをすることで、老化現象のスピードを緩めることは可能。

ヴァイナス美容液は、エイジングケアを行いながら老化現象の進みを緩やかにすることが期待できるので、短期の結果を求めるのではなく、長く継続し、ターンオーバーを繰り返していくことで徐々にお肌に嬉しい効果が現れてくるものとして使用するのが望ましいです。

乾燥肌対策

お肌が乾燥状態にあるということは、お肌の水分量(潤い)が著しく不足している証拠。
私たちのお肌は、皮脂を分泌することで自ら保湿する能力を持ち合わせています。

しかし、皮脂の分泌量は加齢と共に減少してしまうので、学生時代には特に保湿ケアをしなくても気にならなかったお肌でも、30代40代50代と年齢を重ねると保湿ケアなしではいられない状態になってしまいます。

お肌のバリア機能は潤いを抱え込むことで強化され、紫外線などによる外的刺激からお肌を守る大切な役割を果たします。

このバリア機能が乾燥によって低下してしまうと、シワやたるみなどのさまざまな肌トラブルを招いてしまうのです。

ヴァイナス美容液は、お肌に潤いを補給するという一般的な保湿機能ではなく、肌細胞に働きかけることで活性化された細胞が整い、バリア機能を高めながらお肌内部に潤いを長時間蓄えておく力をサポートしてくれます。

また、ヴァイナス美容液後に使用する化粧水、美容液(または乳液)、保湿クリームなどの有効成分がお肌に浸透しやすい肌環境に整える働きもあります。

ハリを保つ

お肌のハリは、真皮層にまばらに存在する「線維芽細胞」と呼ばれる細胞が、

・ハリの源であるコラーゲン繊維
・そのコラーゲン繊維を束ねているエラスチン繊維
・弾力のあるクッション代わりとなる基質(ヒアルロン酸)

を作り出すことでお肌に弾力のあるハリが生まれています。

しかし、年齢と共に線維芽細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す機能が低下していくと、自然とお肌のハリも衰えてしまいます。

線維芽細胞が正常に機能するには十分な栄養素が必要なのですが、ヴァイナス美容液に配合されているバージンプラセンタには、ビタミン、ミネラルをはじめとする豊富な栄養素が含まれているので、これらが線維芽細胞に働きかけることで機能が安定し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸がスムーズに作り出されることでお肌のハリと弾力性を保つことができます。

シミのケア

シミの原因は、紫外線による生成されたメラニン色素がお肌から排出されずに残留してしまった色素。

お肌のターンオーバーが正常に繰り返されていると、メラニン色素はターンオーバーによってお肌の古くなった角質と共に外に排出されていきます。

正常なターンオーバーであれば、通常28日程度でお肌は生まれ変わっていくのですが、年齢と共にターンオーバーのサイクルは遅くなっていきます。

そのため、ターンオーバーが正常な若かった時には気にならなかったシミも、年齢を重ねターンオーバーのサイクルが遅くなってしまう影響で、角質やメラニン色素がなかなか排出されず、そのままお肌に取り残ってしまうことでシミとなってしまうのです。

シミをケアするには、乱れてしまったターンオーバーを正常化することと、シミの元となるメラニン色素の生成を食い止める必要があります。

ヴァイナス美容液は、ヒト幹細胞培養とバージンプラセンタを配合することで、ターンオーバーの正常化をサポートし、メラニン色素が排出されやすい肌環境に整えてくれます。

また、プラセンタエキスには、メラニン色素を生み出す酵素(チロシナーゼ)の活動を抑制する効果があるので、シミケア、シミ予防としてヴァイナス美容液を使用するのはとてもオススメです。

シワ対策

お肌が潤い不足により乾燥し、さらにハリの元となる真皮層のコラーゲンとエラスチンが減少することで、シワは表れてきます。

コラーゲンとエラスチンの減少は、お肌の弾力を失うことで重力に逆らえなくなってしまうので、シミだけではなくお肌のたるみの原因にもつながってしまいます。

また、ターンオーバーのサイクルが乱れたり遅くなってしまうと、お肌表面に古くなった角質は剥がれ落ちずに溜まってしまいます。

溜まった角質は硬く乾燥してしまうことで、角質間にできた隙間から、補ったはずの水分が逃げやすい環境となりまさに悪循環なのです。
ヴァイナス美容液では、お肌のシワをケアできるように、ターンオーバーのサイクルを整え、無駄な角質のない肌環境に整えます。

同時に、失われたハリを取り戻すため、コラーゲンとエラスチンをたくさん作り出しその機能を高められるように、良質なたんぱく質やビタミンなどの栄養素を与えることで細胞の活性化を目指します。

気になる毛穴に

毛穴の開きには種類がありますがよく見られるのが、加齢によるたるみ毛穴と黒ずみやザラザラ感が特徴的な汚れ詰まり毛穴。
どちらの場合もお肌の水分量不足が原因です。

たるみ毛穴の場合、弾力を維持するコラーゲンとエラスチンの減少と保湿不足によって引き起こされます。
汚れ詰まり毛穴の場合、キレイにしたいという思いから過度な洗顔をし過ぎると、必要以上の皮脂を洗い落としてしまうことで、逆に皮脂分泌が過剰となって毛穴を詰まらせてしまいます。

水分をしっかりと補給して十分な保湿ケアをすることで細胞を元気にし、長時間水分を保持していられるようにお手入れする必要があります。

ヴァイナス美容液に含まれるヒト幹細胞培養液で肌細胞の活性化をサポート。
プラセンタエキスで水分を抱え込むパワーに優れているヒアルロン酸とコラーゲンを生み出している線維芽細胞の機能を整えることで、気になる毛穴の開きをケアすることができます。

ヴァイナス美容液の購入方法

店舗購入、ネット購入など、購入方法はさまざまありますが、ヴァイナス美容液がどの店舗で取り扱いがあり、どのサイトで取り扱いがあるのか、徹底的に調べてみました。

ヴァイナス美容液の購入を検討している方は、販売店と販売価格と共に比較して参考にしてみてください。

薬局やドラッグストアでは売っていない

近場の薬局やドラッグストアで販売されていれば、好きな時に気軽に購入できるのですが、薬局、各ドラッグストアを見渡してみてもヴァイナス美容液は取り扱いがありませんでした。
同じく、ロフト、プラザ、東急ハンズなどのバラエティショップや、ドン・キホーテ、コストコなどのディスカウントショップでの取り扱いも確認ができません。
ヴァイナス美容液の店舗販売は今のところされていないようです。

購入できるのは通販のみ!楽天やアマゾンでも売ってる?

ヴァイナス美容液の通信販売状況も確認してみました。

Amazonではヴァイナス美容液のお取り扱いが1件ありました。
しかし、取り扱われていたのは5mlサイズのみ、1本3,500円で販売中です。
ちなみにAmazonプライム会員の場合、送料は無料となります。

楽天ではヴァイナス美容液のお取り扱いが1件ありました。
現品サイズではありますが、お取り扱いショップが公式ショップではないようです。
30mlサイズ1本14,800円(税抜)。別途送料が発生します。

Yahoo!ショッピングでは、ヴァイナス美容液のお取り扱いがありませんでした。

公式サイトの定期コースがお得!

公式サイトでは、1本(30ml)の通常価格は14,800円で販売されています。
しかし、初回限定の「お試しコース」であれば、初回特別ボトル1本(5ml)を特別価格980円(税込)で実際に試すことが可能です。

ただし、ここで注意すべき点がひとつあります。
この「お試しコース」とは「定期コース」の事ですので、初回お届けは5mlサイズですが、2回目以降は30mlサイズでのお届けとなるのです。

しかも3回継続が条件となるので「お試しコース」で申し込むと、5ml×1本、30ml×3本を受け取るのが必須となり、定期コースだと通常価格の63%引きでヴァイナス美容液を使うことができます。

よって公式サイトでは、5mlを980円で、30ml3本を11,700円(税込)で購入できるということになります。

金額面でAmazonや楽天と比べてみても、断然公式サイトで購入した方がお得ですね。
公式サイトで購入すると、初回お届け時に限り、ヴァイナス フェイスマスクシートが無料プレゼントで付いてきます。ヴァイナス美容液との併用使用で、お肌への効果もアップ間違いなしです。

さらに、公式サイトのお試しコース(すなわち定期コース)には、15日間の返金保証が付いています。

万が一お肌に合わなかった場合でも、15日以内であればコールセンターに問い合わせた上で、返金してもらえるので安心して試すことができます。

ヴァイナス美容液はどんな人にオススメか?

  • 慢性的な乾燥肌にお悩みの人
  • 弾力の低下でお肌のたるみが気になる人
  • シミやシワでお悩みの人
  • 毛穴の開き、毛穴の詰まりが気になる人
  • 敏感肌な人

ヴァイナス美容液は、エイジングケア要素が強い美容液です。
そのため、お肌のさまざまな機能が衰え始める30代以降の方のスキンケアとして使用するのがオススメ。

水分保持力低下による乾燥、線維芽細胞機能の衰えによるお肌のハリや弾力の低下、ターンオーバーの乱れや遅れにより排出されなくなったシミ、コラーゲンなどの美肌成分の減少によるシワや毛穴の開き。
これらは全て年齢による「お肌の老化現象」から引き起こされているのです。

ヴァイナス美容液の注目成分であるヒト幹細胞培養液とバージンプラセンタエキスには、エイジングケアが期待できる要素が含まれています。

即効性は期待できませんが、毎日行うスキンケアを通して、年齢を感じさせない素肌作りを目指したい方からの支持が高いようです。

パラベン、エタノール、鉱物油、合成着色料、合成香料、紫外線吸収剤が無添加となっているので、敏感肌体質の方やお肌の衰えが気になる男性にもオススメです。