スキンケア化粧品の役割とその種類。美肌へ導くアイテムと手順は5ステップ!

お化粧落として洗顔してクリーム塗って…。日々の習慣となっているお肌のお手入れ『スキンケア』

そんなスキンケアに必要な基礎化粧品には素肌を清潔にし美しさを保つため、それぞれの役割がありますが、ご存知ですか?

メイク汚れはクレンジングでしっかりオフ!

スキンケアでまず1番最初に行うのが『クレンジング』ですね。
クレンジングはメイクアップ化粧品をお肌から浮かせて落とす重要な役割があります。

また、メイクだけではなく、皮脂汚れも落とすので、クリアな素肌を維持するには必要不可欠と言えます。

メイクをしなかった日でも、1日の終わりにはクレンジングを行うことがオススメ。

クレンジングには、洗浄力の強いオイルタイプや拭き取りタイプから、洗浄力の弱いミルクタイプやジェルタイプまで揃っています。

お肌の敏感な方は無理せず、ミルクタイプやジェルタイプのクレンジングを使うなどして、お肌に負担をかけないクレンジング剤を使用するようにしましょう。

汗やほこりは洗顔で洗い流して清潔なお肌に!

クレンジングにより浮かせたメイク汚れや皮脂汚れは『洗顔』でスッキリと洗い流しましょう。

お肌の表面に付いたほこりや汗も一緒に洗い流す役割も持ちますので、素肌を清潔に保てます。

洗顔は夜に限らず朝も必要です。
「朝は水洗いだけ!」とおっしゃる方を時々耳にしますが、朝は寝ている間に分泌された皮脂や汗を洗い流す目的としてしっかり洗顔料を使って洗顔することをオススメします。

洗顔料の種類としては、洗浄力の強い固形石鹸、古い角質を落とすスクラブ入りの洗顔フォーム、泡立てる必要のない泡タイプの洗顔料、パパインなどが配合された洗顔パウダーなど、種類も豊富です。

ご自身のお肌に合った洗顔を見つけておいたり、用途に合わせて使い分けても良いですね。

洗い上がりの素肌に潤いを与え整える化粧水!

化粧水はほぼ精製水が占める割合で構成されているので、油分を含む成分はほとんど配合されていません。

洗顔後はお肌の水分が蒸発しどんどん水分量が失われてしまいます。スグに『化粧水』で潤いを整えてあげましょう。

化粧水は、ごく一般的な柔軟化粧水、開いた毛穴を引き締める収れん化粧水、美白化粧水やニキビ用化粧水といろいろな種類があります。

与えた潤いを逃さない!乳液でお肌の保湿力アップ!

水溶性成分と油性成分が混ざり合い、化粧水とクリームの中間に当たる保湿アイテム『乳液』。

化粧水でお肌に与えた潤いを逃さない為、油性成分を含む乳液で潤いを保護する役割も持ちます。

メラニン色素に働きかける美白乳液、ハリや弾力をアップさせるアンチエイジング効果のある乳液、紫外線のカット剤を配合したUV乳液、朝用乳液&夜用乳液と分かれたタイプのもなどがあるので、使う季節やお肌の状態に合わせて選んでみるのも良いでしょう。

スキンケアの最後は保湿クリームで与えた潤いをキープさせましょう!

油性成分を多く含む『クリーム』は、スキンケアの最後に行う保湿アイテムです。

化粧水でお肌の潤いを整え、乳液でその潤いを保護し、最後はお肌に与えた潤いが失われてしまわないようにフタをするのが保湿クリームの重要な役割です。

特に乾燥が気になると言われる、目元や口元、小鼻などのにはしっかり塗り込みましょう。