日々のスキンケアでハリとツヤをUP!アンチエイジング化粧品で目指すは−5才肌。

お肌のアンチエイジングにはもちろん毎日のスキンケアが大切になります。

若さを保ち-5歳肌にするには、どのようなスキンケア化粧品を使えばいいのでしょう?
アンチエイジング効果の高い化粧品について考えてみましょう。

アンチエイジングのための美容成分

年齢が高くなると、肌細胞内で生成されていた美容成分が生成されなくなってしまいます。それによって肌に弾力や保湿がなくなり、シワ、たるみなどが多くなってしまうのです。

そこで、自力で作れなくなってしまった美容成分を化粧品から補給することが必要になります。

特に基本の3成分をご紹介しましょう。
コラーゲンは肌細胞をつなげる効果があり、肌のハリや弾力を保つためには欠かせません。

またヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在して弾力を維持します。たるみ、シワにも大切な成分です。

またセラミドは細胞と細胞の接着剤とも言われていますが、水分蒸発を防ぎバリア機能があります。

他にも肌細胞内の美容成分生成促進効果や美白効果などにビタミンC誘導体、肌代謝を高めるプラセンタ。
毛穴のたるみ改善効果の高いレチノール、細胞の網目をしっかり作るエラスチンなども有効です。

お肌のターンオーバーを促進するEGFや抗酸化作用はビタミンCの172倍というフラーレンなどもオススメです。

アンチエイジングにオールインワン化粧品

アンチエイジングに最近はオールインワン化粧品が見直されています。
最近は技術も高くなり質の高いオールインワン化粧品の人気が高まっています。

特にアンチエイジングのためのオールインワン化粧品には老化防止のための美容液がたっぷり入っているものが出回ってるのです。

そして、オールインワン化粧品がアンチエイジングに向いている理由はまだ他にもあります。

スキンケアというと洗顔が終ったら化粧水+乳液+美容液+美容クリームというように何種類も付けることになります。
これだけ付けるだけでもお肌を必要以上に擦ることになってしまいます。

その点オールインワン化粧品なら、それらすべての効果が一回だけ塗れば完了し、お肌への負担もとても少なくなります。
そのためアンチエイジングタイプのオールインワン化粧品も是非試してみるのもオススメです。

40代からのアンチエイジング

20代はいろいろな美容液配合の化粧品は逆にお肌を甘やかせてしまい、自力で美容成分を作ろうとしなくなってしまいます。
そのために保湿とお肌を整える程度のスキンケアで十分です。

30代になるとそろそろ基本の美容成分の補給や、日焼け対策などができる化粧品が欲しくなります。

そして40代からはアンチエイジングの入口と考えましょう。
アンチエイジングは老化の改善より老化予防が大切になります。

そこで40代からは早めのアンチエイジングとして、十分な保湿と十分な美容成分補給が大切になっていきます。