老化の80%は『光老化』が原因。本格紫外線ケアで10年後はシミ&シワ知らず!

冬の厳しい寒さも和らぎ、春の暖かな日差しが気持ちの良い季節になりました。
秋冬の乾燥も気にならなくなってくる頃ですが、今度は紫外線が気になりはじめます。

春は夏ほど日差しが強くはないので、つい紫外線対策も怠りがちになってしまいますが…、紫外線量は春先から急激に増加するので、今からしっかりと紫外線対策をする必要があります。

老化の大きな原因のひとつ『光老化』とは?

光老化とは、紫外線によるお肌へのダメージのこと。紫外線はお肌の表皮を通り越して真皮まで届いてしまいます。

紫外線を浴びたお肌は、水分が奪われ乾燥が加速。シミやシワの原因となるだけではなく、お肌のハリや弾力まで奪ってしまうのです。

紫外線対策として日焼け止めクリーム(UVケア)をお肌に塗るだけで満足してはいけません!

紫外線(光老化)は空から降り注ぐだけではなく、地面に反射する反射光でも浴びてしまいます。要は四方八方から紫外線を浴びていることになるのです。

ましてや日焼け止めクリームは時間とともに汗で流れてしまうので、こまめに塗り直す必要があることと、帽子や日傘なども利用してしっかりと紫外線対策をする必要があります。

紫外線ケアだけでなく保湿ケアも忘れずに

10年後、シミやシワで泣かないためにも、日々のケアがやはり重要!

紫外線ケアで、少しでも光老化の影響を抑え、お肌の奥層に紫外線による影響を与えないことはもちろんのことですが、同時に紫外線によるお肌の乾燥を抑えるためにも、日々のスキンケアでの保湿ケアも美肌を維持する大切なケアとなります。

十分にうるおった素肌は、紫外線にも強くなります。これは、お肌のバリア機能がしっかり整えられ、防御力もアップするためです。紫外線のお肌奥層への侵入も防いでくれます。

うるおった素肌は乾燥知らずなのでシミやシワも出来にくく、また、お肌表面はなめらかで、光を反射しキメのある透明感が溢れる素肌となるのです。