洗顔後に化粧水でお肌にうるおいチャージ!あなたはコットン派?ハンド派?

お肌にうるおいを与えるのに必要な化粧水。

コットンに化粧水をたっぷり染み込ませるタイプと、手のひらに化粧水を出してお肌に与えるタイプとで、化粧水の使い方は別れると思います。

あなたはどちらのタイプでしょう?

どちらのやり方でも正解、不正解はありません。

それぞれにメリット、デメリットがあるので、自分に合うタイプのやり方でしっかりとうるおいを素肌に与えましょう。

コットンタイプの場合

コットンに化粧水をたっぷり染み込ませ、素肌全体に均一にのばしながら塗布します。
お肌表面を整えながら化粧水を塗布できるのでうるおいが浸透しやすくなります。

ただし、お肌に強く当て過ぎると摩擦が起こり、刺激によりキズをつけてしまうことになるので、コットンで化粧水を塗布する際は、優しく塗布しましょう。

ヒタヒタに化粧水を染み込ませたコットンを最後お顔にパックとして貼り付け5分程おくとよりうるおいが浸透してしっとり仕上がります。

ハンドタイプの場合

清潔な手のひらに化粧水を取り出し、お肌へ塗布。手のひらのぬくもりでお肌への浸透力もぐんとアップします!

手のひらで化粧水を塗るときはムラになりやすいので、小鼻のわきや顎の部分、口元の横など、しっかりと化粧水を浸透させましょう。

化粧水の種類

化粧水の構成成分は、ほぼ水(精製水)から出来ています。

化粧水に含まれる有効成分はほんのごくわずかですが、そんな化粧水にも一般的に『化粧水』と呼ばれる柔軟化粧水をはじめとし、美白目的の美白化粧水、余分な角質や汚れを取り除く拭き取り化粧水、皮脂の分泌を抑える作用のある収れん化粧水、ニキビ用化粧水など種類があります。

自分に合う化粧水を選べない場合は、まずは一般的な柔軟化粧水から使用してみてはいかがでしょう。