素肌美人への近道はクレンジングから!見直すだけで、素肌は驚くほど生まれ変わります!

美肌を保つために欠かせない日々のスキンケア。

特にメイクは洗顔だけでは落ちにくいもの。メイクをキレイに落とすにはクレンジング剤に含まれる油性成分を塗ることでメイクを浮かせて落とすことが可能に。

そのクレンジングにも種類がたくさんのあり、その種類によって洗浄力の強さや洗い上がりの感触もさまざまです。

クレンジングの役割

クレンジングの働きと言えば、何と言っても『メイクを落とす』でしょう。
確かに間違ってはいませんが、クレンジングの働きはメイク落としだけではありません!

お肌の表面には皮脂汚れや古い角質だけでなく、空気中のホコリや汗もくっついています。
特にメイクはファンデーションなどの微粒子が毛穴の奥まで入り込んでしまいがちです。

クレンジングはそんなお肌表面の汚れを油に溶かして落としてくれるのです。

クレンジングをサボり、お肌表面に汚れが付着したままの状態は、雑菌が繁殖しお肌トラブルの原因に繋がります。
1日の終わりにはしっかりクレンジングから始まるスキンケアを行い、清潔な素肌を保つことが何より大切です。

クレンジングの種類

ミルクタイプのクレンジング

水溶性成分が多く洗浄力も弱めのため、お肌に優しくさっぱりした洗い上がり。
滑らかなテクスチャーなのも特徴。

ジェルタイプ

水溶性ジェルタイプはミルクタイプ同様洗浄力は弱めなので洗い上がりはさっぱり。
油性成分が少ない分、界面活性剤を多めに配合しているので、お肌が弱い方はパッチテストをしてから使用するのが安心。

オイルタイプ

主成分は油。油性成分も界面活性剤も多く配合されているので洗浄力が強い。
お肌への負担も大きく、必要以上の皮脂も洗い流してしまうので乾燥しがちに…。

拭き取りシートタイプ

コットンやシートに界面活性剤やアルコール、保湿剤が含まれた、拭き取るだけでメイクが落とせるタイプのもの。
拭き取ると言うことは、洗浄力も強いだけではなく、摩擦による刺激も伴うのでお肌への負担が最も大きい。

クリームタイプ

油性成分と界面活性剤がバランス良く配合され、洗浄力が強いオイルやシートタイプ、洗浄力が弱いミルクタイプやジェルタイプのちょうど中間の洗浄力。

今までスキンケアをちゃんとしてたにも関わらず、イマイチ素肌に自身が持てなかった…。
そんな方は一度、日々使うクレンジングの種類を見直してみてはいかがでしょうか?