ココナッツオイルがアンチエイジングにも効果があるって知ってました?

最近女性の間でココナッツオイルについての人気がとても高まっています。そしてアンチエイジングにも高い効果があると言われているのです。

さてどのような効果があるのでしょう。またどのような使い方があるのでしょうか。
その辺りをもう少し詳しく掘り下げてご紹介します。

ココナッツオイルのエイジング効果

ココナッツオイルはダイエットにもボディーケアにも効果が高く、他にもガン、心臓病、脳梗塞、脳卒中、アルツハイマー型認知症などの予防にも高い効果を期待されています。

アンチエイジング効果はとても高く、奇跡のアンチエイジングフードと言われるほど注目されているのです。

ココナッツオイルの成分とエイジング

ココナッツオイルは抗酸化作用の高いオイルです。そして新陳代謝を活性化してくれるマグネシウムやビタミン類が豊富に含まれているので美肌には最適で、老化肌防止にも高い効果が期待できます。

またお肌からの浸透も良いためマッサージオイルとして使っても抜群の美肌効果があります。

細胞は紫外線やいろいろなもので傷付けられてしまい、それが老化に拍車をかけるのです。
しかしココナッツオイル摂取によって抗酸化酵素が、これらの元凶とも言える活性酸素を取りのぞいてくれます。

ココナツオイルの中鎖脂肪酸が肝臓で分解されるときにケトン体という物質が作られます。これが抗酸化酵素と言われるもので、活性酸素除去をしてくれる物質なのです。

またビタミンEも抗酸化作用が高いことから、アンチエイジングには絶対欠かせないと言われていますが、ココナッツオイルには豊富に含まれています。

このことからもココナッツオイルがアンチエイジングにとても効果が高いことがうかがえます。

髪の毛のエイジングにも

加齢によって髪の毛もツヤがなくなり、コシや太さもなくなり、なんとなく寂しい髪の毛になってしまいます。

ココナッツオイルは体の中から摂るだけでなく、髪にも直に付けてエイジングできるのです。
シャンプー前に10分程度髪の毛と地肌に擦り込んでおきます。それからシャンプーを行うとツヤも腰も出て美しい髪の毛が戻ってきます。

ココナッツオイルの食べ方

ココナッツオイルはココナッツの良い香りがしますが、それだけに癖も強いので合わない食べ方もあります。
オススメの食べ方としてはパンに付けて食べるという方法です。特にトーストにはちみつとココナッツオイルを付けると美味しく食べられます。

またパンケーキやホットケーキを焼くときココナッツオイルを使いましょう。ハワイアンパンケーキの出来上がりです。食べるときにはちみつとココナッツオイルをもう一度塗っても美味しく食べられます。

コーヒーとも相性が良く、ティースプーン1杯入れるとハワイアンコーヒーになります。ダイエットや健康のためには1日ティースプーンで4杯程度がいいと言われています。

サラダのドレッシングに使うなどしてもいいのではないでしょうか。