春はふんわりメイクでパッと明るく♪メイクアップのすべては化粧下地で決まる!

春は何かと新しいことにもチャレンジしたくなる季節です。

生活環境が変わったり、職場環境が変わったりと、少し忙しい時期にもなりますが、何かを始めるそんな春だからこそ、メイクもちょっと変えたりしてこの季節を楽しみたいですね。

春はやっぱり明るくふんわりやさしいメイクが人気ですが、そんなメイクの仕上がりをより良くし、明るく演出するのに必要不可欠なメイクアイテムは上手に使いこなせていますか?

メイクの仕上がりは化粧下地で大きく左右されます。

メイク前の一手間がとっても重要なので、今まであまり化粧下地なんて気にしてなかったと言う人も、この春から新たなチャレンジのひとつとしてワンランク上のメイクを目指してみてはいかがでしょうか?

仕上がりに差が出る化粧下地

お顔にファンデーションを塗る前に必ず行いたい化粧下地。化粧下地をすることで、気になる毛穴をカバーしたり、シミやくすみをカバーするといった重要な役割を果たしてくれます。

仕上がったメイクの持ちを良くする働きもある上、化粧下地には、UVカット効果のあるもの、顔色補正の効果のあるもの、立体感を出す光効果のあるものと種類もあるので、自分の仕上げたいメイクに合わせて化粧下地を選ぶと良いでしょう。

また、化粧下地にはお顔全体用と、部分用があります。

コントロールカラーで顔色を調整

さらに、ファンデーション前に、お顔の色ムラを調整するアイテムがコントロールカラーと呼ばれるもの。

目の下のくまや小鼻わきの赤み、シミやソバカスなどはコントロールカラーで解決できます。使用するカラーによって効果も様々。

色消し

目の下のくまやたるみなどの色を消したい時には『オレンジ』のコントロールカラー。

頬の赤みやニキビの跡の赤みを消すには『グリーン』のコントロールカラー。

明るさ

黄ぐすみしがちな肌色を澄んだ透明感のある肌に見せるには『パープル』のコントロールカラー。

やわらかな肌質に仕上げ、血色の良い肌色を演出するには『ピンク』のコントロールカラー。

自分の肌悩みに応じて、コントロールカラーも用意しておくと、メイクの仕上がりがぐんと良くなります!