コスメのパッケージで見かける『パラベンフリー』って防腐剤ゼロ?

化粧品の配合成分の中には防腐剤が含まれていることが多くあります。
と言うのも、化粧品に配合されている糖類や天然油脂などはカビや微生物の好物であり、細菌が入り込むとそれらが繁殖する恐れがあります。

では、どのような時に細菌が入り込むのかと言うと、化粧品のフタを開け閉めしたタイミング。空気中には様々な細菌が含まれています。フタを開け閉めしたタイミングで、化粧品容器の中に細菌が入り込んでしまう可能性が生じてしまいます。

細菌が繁殖してしまった化粧品をそのまま使用すると、お肌のトラブルの原因に繋がりますので、トラブルを防ぐために『防腐剤』が配合されているのです。

防腐剤の種類

最も聞いたことがある防腐剤効果のある成分と言えばやはり『パラベン』。
このパラベンにも抗菌力の高さが強い物から弱い物まで存在します。抗菌力が強いと言うことはお肌への刺激も高いということになります。

パラベンの種類とその強さは、
(強)ブチルパラベン→プロピルパラベン→エチルパラベン→メチルパラベン(弱)の順で抗菌力の強さがあります。

パラベンの他に防腐剤効果のある成分として最近見かけるのは、水溶性成分の『BG』、多価アルコールの一種である『ペンチレングリコール』などがあります。

これらの成分は、防腐剤としての効果だけではなく、保湿効果もある成分なので、パラベンを使用しなくても防腐効果を持たせ、より安全性の高い化粧品も作られているのが現状です。

パラベンフリーって聞くけど、防腐剤入っていなくて大丈夫?

コスメのキャッチコピーなどで見かけるようになった『パラベンフリー』。
こう書いてあると防腐剤が一切入っていないイメージを持ってしまいますが、実は、パラベンフリーだからって防腐剤が一切入っていないという意味ではないのです。

先にも書いた通り、一般的に有名な防腐剤の名前がパラベンなだけで、防腐剤効果のある成分は他にもあります。

なので、パラベンフリーと記載されていても、パラベンに変わる防腐剤効果のある成分が含まれていることがあるので、敏感肌などで防腐剤を気にする方は全成分をよく見て化粧品を選んだ方が良いでしょう。