紫外線対策が必要な季節。日差しもまだ強くないと油断していませんか?

3月も中旬となり、桜の咲く時期が待ち遠しい季節。気温も穏やかになり、春はもうすぐそばまできている気配を感じます。

天気は晴天。気持ち良いくらいの青空と太陽に恵まれる日は、紫外線が気になり始めますね。

紫外線はもっともお肌に悪い影響を与えるものと言われ、老化の約80%が紫外線による光老化と考えられています。

夏場は紫外線対策として、日焼け止めクリームを塗ったり、日傘、日差し帽、サングラスを使用したり、長袖長ズボンで肌を出さない服装で対策する方など多くみかけますが…、夏場だけの紫外線対策で満足していないですか?

紫外線のピークは夏からではなく春から

紫外線は季節問わず常に降り注いでいるものですが、そんな紫外線量は春を迎えた4月頃から右肩上がりで一気に増え始め、夏が過ぎた9月頃まで続きます。

「まだ春じゃないし今は3月半ばだからまだ大丈夫」と油断しないでください!紫外線量はこの時期から既に増え始めているのです。

紫外線は3つの長波から成り立っている

1つ目は、紫外線A波と呼ばれるUV-A。
これは生活紫外線とも呼ばれ、真皮の奥まで届いてしまう長波の長い紫外線です。

日頃のお買い物時や、ベランダで洗濯物を干している時、ペットの散歩をしている時など、気づかないうちに浴び続けると、しわやたるみの原因に繋がってしまいます。

UV-Aはガラスや雲も通過してしまうので、たとえ部屋の中にいても、曇り空の日でも気をつけたい長波の紫外線です。

2つ目は、紫外線B波と呼ばれるUV-B。
レジャー紫外線とも呼ばれ、お肌の表皮までしか届かない長波の紫外線ですが、お肌を黒くしたりお肌の水分量を減少させ肌荒れの原因を作ります。

3つ目は、紫外線C波と呼ばれるUV-C。この紫外線C波は長波の短い紫外線のため、基本的に地表までは届きません。

日焼け止め商品記載のサンケア指数

ところで日焼け止め商品でよく見かける『SPF』と『PA』の指数。このサンケア指数の意味はご存知ですか?

SPFとは、UV-Bを防止する指数を表した数値。
日焼けにより赤くなった肌がヒリヒリするまでの時間を何倍に伸ばせるかの目安です。

もしSPF24と表記の日焼け止め商品があれば、それは何も塗らない素肌に比べて約10時間肌が赤くなるのを防ぐという目安となります。

紫外線を浴びると、通常素肌は25分程で赤くなると言われています。
赤くなる25分に対してSPF24の日焼け止め商品を使用する。

『25分✕SPF24=600分=10時間』

これに対してPAとは、UV-Aを防止する目安の数値。
皮膚の黒化の原因を防ぐ指数です。
PAの+の数が多い程効果が高いという意味があります。

今は紫外線の影響を気にする女性が多い為、メイク下地やファンデーション、リップにも紫外線防止効果のある化粧品がだいぶ多くなりました。

紫外線対策は美肌を守るためにも欠かせない対策のひとつです。
紫外線対策は夏場に限らずに春先からの早めの対策を心掛けてください!