シャンプー後の濡れた髪は自然乾燥派?それともドライヤーで乾かす派?

人によって生活習慣は違いますので、朝髪を洗う人もいれば、夜髪を洗う人、更にはシャワーのみで済ませる人もいれば、ゆっくり湯船に浸かる人と様々ですが…、

シャンプーした後の濡れた髪、どうされていますか?ちゃちゃっとタオルドライしたら後は自然乾燥?それともドライヤーでしっかり乾かす?

このシャンプー後の濡れた髪をどうするかによって、髪の毛に差が出ることを知っていましたか?

生乾きのままの髪の毛はダメージヘアの元?!

特に暑い夏場なんかは、ドライヤーを使うことに躊躇してしまいますよね。冬場でも温められた部屋の中にいる分であれば髪が濡れてても寒くはないし、めんどうだから自然乾燥にお任せ♪なんて人も意外と多いのかもしれません。

でもちょっと待って!
髪が濡れたままだと髪の毛がダメージを受けてしまう結果に!!。

髪が濡れた状態で放置していると、頭皮の体温は下がり、血液の流れが悪くなってしまいます。血液は毛根に栄養を運ぶ役割を持っているので、血液の流れが悪くなるということは、毛根に十分な栄養を届けることができなくなってしまうのです。

更に、湿ったままの頭皮は細菌が繁殖しやすい環境となり、気になる臭いの原因にも繫がります。

また、濡れたままの髪の毛はキューティクルが開いたままですので、バリア機能がなくダメージを受けやすくパサパサな髪に…。しかも、そのような状態で就寝した場合、キューティクルが開いたままの髪と枕で摩擦が生じ余計髪を痛めてしまいます。

艶やかな髪に仕上げるドライヤーでの乾かし方

ダメージヘアから髪を守るためにも、シャンプー後は自然乾燥に任せずにしっかりとドライヤーで乾かすのがベスト!でも、ただドライヤーで乾かせばいいということでもないんです。健康な髪を保つ為に重要なキューティクルは熱に弱いという弱点が…。

そこで、キューティクルを壊さないドライヤーの使い方とは?!
シャンプー後はしっかりとタオルドライをすること。この時タオルで髪をゴシゴシ擦らないように注意です。

キューティクルは熱に弱いので、ドライヤーは髪から約20センチ程離して使い、ドライヤーの風が毛先に流れるように髪の毛の根本(頭皮)から乾かすのが理想的な使い方。ある程度乾いたら冷風に切り替えて仕上げるとキューティクルが引き締まります。

ドライヤーを当てる前に洗い流さないタイプのトリートメントを髪全体に使用してからにするとより艶のあるキレイな髪に仕上がるでしょう。

文章じゃわかりにくく、いまいち正しいドライヤーの使い方が分からない場合は、美容院へ行った際に美容師さんに直接教わると間違いなし!きっと丁寧にそれも実際にドライヤーをかけながら教えてもらえると思うので直接聞く価値ありです!