化粧品パッケージ裏の『全成分の読み方』と『旧表示指定成分』

何気なく毎日使う化粧品ですが、パッケージ裏の全成分をパッと目にすることはあっても、その全成分の内容をよく読んで理解しようとする人はそうそういないと思います。

正直言って、化粧品の全成分は化粧品成分に詳しくないと読んだところで一体それがお肌にどのような効果をもたらす成分なのか、ほとんどわからないと思います。

それでも『コラーゲン』や『ヒアルロン酸』といった成分は誰もが知ってる美容成分なので、なんとなくこのあたりの成分が書かれていると『お肌に良さそう』そんなイメージを持ってしまいがちです。

全成分の並びには意味がある

ひとつの化粧品はたくさんの成分から成り立っています。そのため全成分を見ると聞いたことのある成分から聞いたことのない成分まで数多くの成分名がズラズラと書かれていますね。

この全成分の表記の順番にはきちんと意味があるのですが、ご存知でしょうか?

基本的に全成分は『配合量の多い順』で記載されています。全成分の1番最初に『水』と記載されていれば、その化粧品の成分で1番配合量が多いのが水ということです。

ちなみに、配合量が1%以下の成分の場合は順不同で記載して良いことになっています。そのため、1%以下でも良い印象を与える成分は前の方に、あまり良くない印象を与える成分は後ろの方に記載されていることが多くあるのです。

旧表示指定成分ってどんな成分?

旧表示指定成分とは、体質によって皮膚トラブルやアレルギーを起こす恐れのある102種類の化粧品成分と香料を旧厚生省が定めたもの。

以前はこの旧表示指定成分の表記が必須でしたが、2001年4月より化粧品の全成分表示が義務付けられたことにより、旧表示指定成分の表記は廃止されました。

今は化粧品の全成分表示が薬事法で義務付けられているので、その化粧品がどんな成分から作られているのか、私達消費者は予め確認してから購入することができます。

自分のお肌に合わない成分が入っていないか、お肌に良い有効成分としてどのような成分が入っているのか、全成分を少しでも読めるようになると、今後の化粧品選びも楽しくなるかもしれませんね!