ニキビ跡をなんとかしたい!改善のカギはお肌の『ターンオーバー』にあり!

毎日丁寧にスキンケアしている人でも、お肌が乾燥肌の人でも、ニキビが出来てしまうことがあります。ニキビは決して皮脂が多い人だけにできるものではありません。

そもそもニキビとは、毛穴に溜まった皮脂汚れが角栓となりますが、その皮脂汚れを好むアクネ菌が増えるとニキビになります。が、原因はそれだけではありません。

日々のストレスや睡眠不足、不規則な生活などから体のバランスが崩れたり免疫力の低下によってもニキビはできてしまうのです。

ニキビが出来てしまった時の注意点

まず第一にニキビを触らないこと!
手には見えない菌がついています。むやみにニキビを触ると余計悪化させてしまうことになります。

そして潰さないこと!
白ニキビなどを気にしてよく潰してしまうなんてことを聞きますが、潰した所から雑菌が入り化膿してしまいます。

ニキビが出来てしまった時は、余分な皮脂を落とすことが大切なので、さっぱりと洗い上がる洗顔料でしっかり洗い流しましょう。洗い過ぎはニキビに刺激を与えてしまうのと同時に、必要以上の皮脂まで落としてしまうので注意してください。

ニキビ跡が残ってしまったら?

それは炎症後の色素沈着によるシミの一種です。
お手入れにはシミの元となるメラニン色素を抑制する働きを持つ『ビタミンC誘導体』が配合された美白効果のある化粧品がオススメ。シミは日焼けするとなかなか消えないので酷くならないように紫外線対策も同時に行なってください。

赤みを持つニキビ跡には、抗炎症効果や細胞を活性化する働きを持つ『アラントイン』が配合されたニキビ予防化粧品が良いでしょう。このアラントインには赤みを抑える働きもあります。

あとは、皮膚の生まれ変わり『ターンオーバー』によりニキビ跡が消えるのを期待することもできます。

お肌のターンオーバーって?

お肌は約28日周期で生まれ変わっています。
皮膚は表皮、真皮、皮下組織と3つの層から成り立っていますが、お肌表面の表皮は約0.2ミリ程度しかありません。その0.2ミリの表皮内で約28日間かけて新しい皮膚が作り上げられお肌の表面に到達すると、古い角質となり皮膚から剥がれ落ちる。このサイクルをお肌のターンオーバーと呼びます。

ターンオーバーによって、シミの元となるメラニン色素も皮膚の表面に到達すると剥がれ落ちます。シミ(色素沈着型のニキビ跡も含む)はお肌表面にだけあるものではなく表皮の奥まで続いていることも。多少時間はかかりますが、気がついたらニキビ跡がなくなっていたという経験ありませんか?それはお肌のターンオーバーで少しずつシミが剥がれ落ちた結果です。

ターンオーバーは年齢や紫外線の影響によりスピードが乱れてしまいます。ターンオーバーに遅れが出ないよう週1回、または月1回のスペシャルケアとして古い角質を落とすピーリングを行うと良いでしょう。