肌荒れ注意報!! 〜妊娠するとお肌が大荒れになるのは女性ホルモンの影響!?〜

女性の体は強くとても繊細に出来ています。毎月月経が繰り返されるのも、妊娠し子供を出産するのも、男性には決して経験の出来ない事。

女性は月経のタイミングでお肌の調子が変わると言うことは、美容に興味のある方であれば説明するまでもなくもう当たり前の知識でしょうか?

そう。月経の前後に起こる女性ホルモンの変化によって、女性の体は妊娠する為の体に整えられると同時に、お肌にも変化が起こるのです。

エストロゲン(卵胞ホルモン)
月経が終わる頃から排卵日に向けて多く分泌されるのがエストロゲンと呼ばれる女性ホルモン。
妊娠しやすいように子宮内膜に厚みを出し、受精卵が着床できるようにフカフカにするという大切な役割を持ちます。

プロゲステロン(黄体ホルモン)
もうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロンは、排卵後から月経前に分泌される量が増えてきます。
基礎体温を高温に保ち、着床後の妊娠を継続させる働きがあります。

どうして妊娠すると肌荒れするの?

そもそもエストロゲンは『美肌ホルモン』とも呼ばれ、コラーゲンなどの美容成分を増やし、お肌や髪にツヤやハリを出したり、胸やお尻をふくよかにして女性らしいボディラインを作るホルモンでもあります。

その為、月経後からなんだかお肌の調子が良くなると感じる女性は多いのではないでしょうか?

その反面、月経前になるとお肌の調子が悪くなると感じるのは、月経前から多く分泌され始めるプロゲステロンが原因。

妊娠を希望する女性には欠かせないプロゲステロンですが、皮脂分泌が活発になるため、ニキビや吹き出物の肌荒れを引き起こしす原因にも。
また、イライラや疲労感など、精神的にも不安定にさせてしまいます。

妊娠すると肌荒れが起こるのは、プロゲステロンが継続して分泌されるのが影響しているからと言えます。

妊娠中の肌荒れ対策法

皮脂分泌が原因で出来るニキビや吹き出物をケアするには、洗い上がりがさっぱりするニキビ予防効果のある洗顔料がオススメ。
だからと言ってとにかく皮脂を抑えれば良いと言うわけでもなく、乾燥も気になる場合には『ノンコメドジェニック化粧品』を使用すると良いでしょう。
ノンコメドジェニックとは、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しにくい油性成分だけで作った化粧品のこと。『オイルフリー化粧品』も数多くありますが、オイルフリーは文字通りオイルを使っていない化粧品のことなので、ノンコメドジェニック化粧品とは全く別物です。

ニキビなど、肌荒れがしやすいおでこや頬の部分などに髪の毛がかからないよう、髪を束ねるのもひとつの対策法です。

しっかりと睡眠を取ることも大切。睡眠不足は免疫力の低下に繋がり、肌荒れが起こりやすくなります。規則正しく生活しホルモンバランスを整えましょう。

妊娠中はプロゲステロンの影響でシミが出来やすい時期にもなるため、UV対策もしっかり行うのも忘れずに。