いつだってツルツルかかとが理想!〜冬の悩めるガサガサかかとケア〜

あなたのかかと、人に見られても恥ずかしくないですか?
この時期になると『かかと』に悩みを抱える人って結構多いですよね。

それも、女性に限った話ではなく、同じく悩んでいる男性も密かに多いのではないでしょうか?

冬のかかとは、角質がより固くなりやすく、乾燥が進むと白い粉を吹いたように状態に…。
さらにヒドいと鏡もちがひび割れしたように、かかとがパキッと割れて痛い思いをする場合があります。

では、そんな痛い思いをしない為にはどうしたらいいのでしょう?
そもそも、冬は素足を出す機会もほとんどないんだから、今からケアする必要はないんじゃない?

そこなんですよね!

冬はノータッチだけど、足を出す夏場だけかかとのケアをすれば良いものだと思っていませんか?

かかとの角質が厚くなる原因は『外的刺激』と『乾燥』です。

足裏は体の全体重を支える重要な部位です。足裏は常に外的刺激を受けている為、体の中で1番角質が溜まるりやすい部位でもあります。

さらにこの時期は乾燥により、かかとの角質はさらに固くなってしまいがち。

今は、簡単に角質ケアができる商品がたくさん販売されています。

誰でも手軽に行える『軽石』やかかとの角質用の『ヤスリ』で角質を削り落とすのもひとつの手ですが、削り過ぎには要注意!!

とにかくかかとの角質を落とせば良いという問題でもありません。

先程もお話した通り、足裏は体の全体重を支える部位であり、かかとの角質は体重をしっかり支えるには必要なものです。

角質だからと必要以上の角質を削り落としてしまうと、体重を支えきれず、歩く度に痛い思いをすることになってしまいます…。

角質ケアで軽石やヤスリを使用する際は削り過ぎに注意しましょう!

また、軽石やヤスリ等で軽く角質を除去した後は、しっかりと『保湿』することも忘れずに行なってください。

角質除去したままで、乾燥してしまうと、余計角質は分厚くなってしまいます。

かかとにあまり負担がかからないように、週1ペースで角質ケアを。
そして、かかとの保湿はお風呂上りなどに毎回行うことがオススメです。

夏、赤ちゃんのようなツルツルかかとでいられる為にも、かかとのケアはオールシーズン行うのが理想ですね!