元基礎化粧品ブランドの社員による美容ブログ

menu

コスメコンシェルジュ「瞳」オフィシャルブログ

コスメコンシェルジュの難易度やテキスト及び費用について

wpid-2015-02-17-19-10-58_deco.jpg

先日、無事にコスメコンシェルジュと認定していただきましたが、この資格としての歴史はまだ浅く、初めてコスメコンシェルジュが誕生したのは昨年(2014年)のことです。

次回5月に行われる検定試験が第4回目となりますので、今後コスメコンシェルジュは更に増え続けると予想されます。

『日本化粧品検定』並びに『コスメコンシェルジュ』は、全ての美容業界に携わる人にとって必要性の高い資格になるのではないでしょうか?

美容業界に就職する際の必須資格のひとつとなる時代もそう遠くはないかもしれません。

実際に大手百貨店などで働く美容部員のみなさんが、団体でコスメコンシェルジュを目指し検定試験に臨まれているという話も聞いています。

コスメコンシェルジュとは

そもそも『コスメコンシェルジュ』とはどんな資格でしょう?
その答えは【あらゆる肌悩みに対して最適な化粧品を選び出せるプロフェッショナル】です。

コスメコンシェルジュになるには、日本化粧品検定協会の公式テキスト『コスメの教科書』と『対策問題集』をしっかり勉強することが何よりの近道。

毎年2度(春・秋)に行われる日本化粧品検定試験を受験し、1級に合格して初めてコスメコンシェルジュの研修プログラムを受けることができます。

日本化粧品検定試験は、1級2級3級があり、3級では「美容の基本的知識」、2級では「化粧品を正しく理解し、活用するための基礎知識」、1級では「科学的根拠に基づいた正しい知識を身につけ、さまざまな分野で活躍できる化粧品の専門家を目指す」という知識レベルの基準で行われています。

受験料は、3級は無料でウェブからいつでも受験可能。2級は3,600円、1級は12,600円。

試験はマークシート式で行われ、2級1級とも試験時間70分、全60問で合格ラインは正解率70%です。

いきなり1級を受験することも可能ですが、範囲が2級範囲も含みかなり幅広くなる上、知識も専門的になりますので、不安がある方は2級から受験していくのがオススメです。

1級合格者の中から、希望者のみがコスメコンシェルジュへなることが出来ます。

image

コスメコンシェルジュ認定希望者は、日本化粧品検定協会への入会(入会費10,000円+年会費10,000円)、さらに研修プログラム受講料(5,400円)の申込をする必要があります。
合計25,400円が必要です。

ちなみに、資格認定証は協会より無料で発行していただけますが、認定バッチは別途1,620円かかります。

コスメコンシェルジュを継続するには、毎年協会の会員を更新(年会費10,000円)する必要もあります。

その分、コスメコンシェルジュとしての特典も多く用意され、セミナーには会員価格で参加することも可能です。

費用も意外とかかりますので、趣味程度であれば1級までの取得でも十分かと思われますが、長く美容業界に携わる場合はコスメコンシェルジュという資格を持っていると、お客様からの信頼性も高まりより質の高い接客もしていける、そんな資格ではないでしょうか。

興味のある方はまずは無料の3級を腕試しで受けてみてはいかがでしょう?
3級合格時には、希望者には合格書も無料発行されますよ!
https://cosme-ken.org/thirdclass/

ちなみに今は一般社団法人で日本スキンケア教会といったコミュニティも存在しています。
化粧品業界で働きたい方、働いている方でステップアップしたい方などさらに専門知識をつけたい場合おすすめです。
http://www.skincare.or.jp/

また、コスメ求人ブランド数No.1のエージェントサイト「iDA」などもあるため、コスメや化粧品などに関われるチャンスが多い現代と言えそうです。
https://www.ida-mode.com/

関連記事

IDA

PROFILE


旦那と娘と猫2匹と暮らす30代女子です。日本化粧品検定試験1級を取得し、もうすぐコスメコンシェルジュの仲間入りです。お肌の悩みや疑問などお気軽にご相談ください♪
フォームはこちら